【ハウジングインテリアカレッジ(二級)】製図経験者の建築士が特徴と評判・口コミを解説

資格学校・予備校
Image by Edi Nugraha from Pixabay

【PR】このサイトはプロモーションを含みます。

悩めるシロクマ
悩めるシロクマ
独学で二級建築士の勉強をしてきたけどうまくいかない、、、
悩めるラクダ
悩めるラクダ
資格学校がどこも高すぎる!
悩めるリス
悩めるリス
ハウジングインテリアカレッジの製図講座は安いけど大丈夫?
そんな疑問に答えます。 二級建築士製図の資格学校は料金が高額なものが多く、場合によっては製図だけで50万円近くかかることもあります。
この記事の筆者は一級建築士の資格を持っています。 建築士製図試験の経験者なので、試験勉強や講座選びで悩む気持ちはとてもよくわかります。
この記事で分かること
  • ハウジングインテリアカレッジの口コミ・評価が分かります。
  • どんな人にハウジングインテリアカレッジがおすすめか分かります。
  • 建築士製図試験の経験者の視点で、ハウジングインテリアカレッジをレビュー(評価)します。
  • 講座の特徴やメリット・デメリットが分かります。
この記事を読むことで、二級建築士試験の通信講座・資格学校選びで後悔する確率がぐんと減ります。 コストパフォーマンスも重視しながら、良い二級建築士講座を見つけたい人は最後まで読んでください。
キャンペーン価格 108,900円(税込)(通常価格 121,000円)
二級製図講座ならココ一択
2024年4月30日までキャンペーン価格!

ハウジングインテリアカレッジ以外の講座も比べてみたい方や、学科講座を探している方は、こちらの記事もご覧ください。

参考:【二級建築士】好コスパおすすめ通信講座・予備校(2024)を比較(ランキングで紹介)

結論:ハウジングインテリアカレッジ二級製図講座は、最低限の自己管理ができる人なら全員におすすめ

ハウジングインテリアカレッジ二級製図講座には、以下のような特徴があります。

ハウジングインテリアカレッジの大きな特徴

  • 金額が安い(通常価格:税込121,000円)
  • 合格率が高い(受講生全員のうち65.5%が合格)
  • 添削が充実(12課題)

後のセクションで、詳しく特徴を解説します。

そのため、最低限の自己管理ができる人だったら全員におすすめです。

スタディングハウジングインテリアカレッジ
(製図対策のみ)
資格の学校TAC総合資格学院日建学院全日本建築士会
製図の金額◎(通信のみ)
◎(通信のみ)
○(通学)
◎(通信)

△(通学のみ)
△(通学)
〇(通信)
○(通学)
〇(通信)
製図の添削△(通信のみ)
◎(通信のみ)
◎(通学)
〇(通信)

◎(通学のみ)
◎(通学)
〇(通信)
◎(通学)
◎(通信)
合格率非公開非公開非公開
製図講座 総合評価◎(1位)(3位)◎(2位)
予備校・資格学校を表で比較(製図)
※ハウジングインテリアカレッジは校舎が広島にしかないため、「通信のみ」と表記しています。

以下の記事で、主要な6社の製図講座を比較しているので参考にしてください。

参考記事:【二級建築士】好コスパおすすめ通信講座・予備校(2024)を比較(ランキングで紹介)

キャンペーン価格 108,900円(税込)(通常価格 121,000円)
二級製図講座ならココ一択
2024年4月30日までキャンペーン価格!

ハウジングインテリアカレッジ二級建築士設計製図講座の評判・口コミ

公式サイトの評判・口コミ

  • 添削が丁寧で細かく、自分では気づけないミスに気づけた
  • 学習スケジュールを提示してくれるので迷わずに済んだ
  • 時間を気にせずにメールで質問することができ、返信も早い

独学では解決が難しい「添削」「学習スケジュール」「わからない箇所の質問」に関する良い口コミが目立ちました。

詳細:ハウジングインテリアカレッジ公式

ハウジングインテリアカレッジ二級製図講座がおすすめな人

こんな人におすすめ

ハウジングインテリアカレッジは、料金の安さと講座の質を両立しているので、最低限の自己管理ができる人なら全員におすすめです。

その中でも特に以下のような人にはぴったりです。

特におすすめな人

  • 資格取得に無駄な費用をかけたくない人
  • 集団で勉強するより1人で勉強するほうが集中できる人
  • 製図試験を受けたことがある人
キャンペーン価格 108,900円(税込)(通常価格 121,000円)
二級製図講座ならココ一択
2024年4月30日までキャンペーン価格!

こんな人にはおすすめできない

通信講座という特性上、自己管理ができない人には厳しいかもしれません。

しかし、学科試験に受かっている皆さんなら最低限の自己管理能力はあるので、この点を心配する必要はないです。

建築士製図試験経験者から見た印象

筆者は一級建築士の資格を持っており、製図試験を経験済みなので、経験者の視点からハウジングインテリアカレッジを評価してみます。

筆者の製図試験体験談

私が製図試験の受験勉強で特に印象的だったのは以下の3点です。

  • 製図試験に合格するために一番大事なのは添削
  • 私自身は、エスキスがなかなか速くならなくて苦労した
  • 製図対策を始めた初期は、作図に時間がかかって悩む人が多い

また、学校に行かず独学だと攻略が難しいと感じたのは以下の5点です。

独学だと悩みやすいこと4つ

  • 試験当日までの学習スケジュールを立てないといけない
  • 速く図面を描くための作図方法がわからない
  • 速くプランを仕上げるためのエスキス手順がわからない
  • 添削を受けないと、自分では気づけないような法令違反・設計条件違反がある

製図の経験を踏まえたハウジングインテリアカレッジの評価

  • 講座のカリキュラムが上手く組まれている
  • 解説されているエスキス方法は、基本をしっかり押さえた内容となっている
  • 説明動画がわかりやすい
  • 添削課題が多いのが大きな魅力
  • 金額もとてもお手頃

解説動画を実際に見ましたが、建物の配置・外形などの大まかな部分を先に検討し、その後に細部を設計していくような、効率的なエスキス方法がわかりやすく解説されていました。

また、添削課題が多く、12題もあることから、合格するために一番大事な添削に力を入れていることが分かります。

キャンペーン価格 108,900円(税込)(通常価格 121,000円)
二級製図講座ならココ一択
2024年4月30日までキャンペーン価格!

ハウジングインテリアカレッジ二級製図講座の特徴詳細

  • ベテラン講師陣
  • 合格率が高い(65.5%)
  • 金額が安い
  • 添削課題が12題
  • メールでの質問が回数無制限

ベテラン講師陣

ハウジングインテリアカレッジの講師は、広島にある校舎で通学講座も長年担当しています。

そのため多くの生徒を見てきた経験から、講師は生徒がつまづきやすいポイントを熟知しています。

合格率が高い(65.5%)

スタディングハウジングインテリアカレッジ資格の学校TAC総合資格学院日建学院全日本建築士会
製図講座の合格率非公開65.5%
(受講者全員を対象)
非公開82.6%
(令和2年|模試高得点者のみを対象)
非公開
(合格者占有率40%)
81.4%
(模試高得点者のみを対象)
通信講座・予備校の製図講座 合格率

ハウジングインテリアカレッジ受講生の合格率は65.5%です。

 

他社が公表している合格率は、合格率を高く見せるために基準を設けている場合も多いです。(「本試験直前の模試でA判定を出した生徒だけが対象」など)

ハウジングインテリアカレッジの合格率は、こうした基準を設けずに算定した正直な数字です。

キャンペーン価格 108,900円(税込)(通常価格 121,000円)
二級製図講座ならココ一択
2024年4月30日までキャンペーン価格!

金額が安い

スタディングハウジングインテリアカレッジ資格の学校TAC総合資格学院日建学院全日本建築士会
学科学科・製図総合コース
99,000円
(通信講座のみ)
学科本科生
407,000円
(通信講座も同額)

アンダー25料金
363,000円
(通信講座も同額)
学科合格必勝コース
814,000円
学科本科コース
一般:770,000円
学生:660,000円
(webコースも同額)
学科徹底合格力養成講座
192,000円
(Web182,000円)
★製図上記金額に含まれる設計・製図合格通信講座
(通信講座のみ)
121,000円
設計製図本科生
275,000円(Web198,000円)

アンダー25料金
253,000円
(Web176,000円)
設計製図コース
627,000円
設計製図本科コース
一般:550,000円
学生:385,000円
(Web143,000円)
製図徹底合格力養成講座
182,000円
(Web172,000円)
セット割引学科・製図総合コース
99,000円
セット割引
22,000円引
ストレート合格必勝コース
1,199,000円
セット割引きなし総合コース
212,000円
(Web202,000円)
講座の金額(各予備校のスタンダードなコースで比較)
※時期によってキャンペーン料金が適用されもっとお得になる場合があります
※ハウジングインテリアカレッジは校舎が広島にしかないため、「通信のみ」と表記しています。

ハウジングインテリアカレッジ二級建築士設計製図講座の金額は、通常価格121,000円(税込)です。

金額が安い理由は、口コミを中心に集客していて無駄な費用が掛かっていないことです。

  • 派手な広告をしていない
  • セールスマンによる勧誘をしていない

そのため人件費や広告費が節約されており、受講生の負担が少なく抑えられています。

また、ハウジングインテリアカレッジ二級建築士設計製図講座は教育訓練給付金の対象です。

給付金を利用することで、さらに受講料の負担を少なくできます。

教育訓練給付金について

  • 受講料の20%が国からもらえる
  • 会社に1年以上勤めている方は、もらえる場合が多い

詳細:ハウジングインテリアカレッジ公式

キャンペーン価格 108,900円(税込)(通常価格 121,000円)
二級製図講座ならココ一択
2024年4月30日までキャンペーン価格!

添削課題が12題

製図 添削の有無スタディングハウジングインテリアカレッジ資格の学校TAC総合資格学院日建学院全日本建築士会
通学の場合
通信の場合有(12課題)有(4課題)有(3課題)有(10課題)
通信講座・予備校の製図講座 添削の有無
※ハウジングインテリアカレッジは校舎が広島にしかないため、「通信のみ」と表記しています。

ハウジングインテリアカレッジの添削課題は12題あり、その内容は非常に充実しています。

添削を受けることで、今まで自分では気づけなかったミスに気付けるようになります

ハウジングインテリアカレッジの添削課題

  • 課題発表前に6題
    →基礎能力が身につく
  • 課題発表後に5題
    →今年の課題に特化した力が身につく
  • 模試1題
    →本番のシミュレーション

メールでの質問が何度でもOK

メールでの質問が、24時間いつでもできます。

また、1日1質問まで・期間中何度でも質問できます。

質問への対応も迅速です。

キャンペーン価格 108,900円(税込)(通常価格 121,000円)
二級製図講座ならココ一択
2024年4月30日までキャンペーン価格!

メリット

  • 15万円以下で合格できる実力が身につく
    →他社だと金額が50万円以上の講座もある中、ハウジングインテリアカレッジなら15万円以下の低価格で合格できる力が身に付きます
     
  • 添削を12回も受けられる
    →条件違反や法令違反がなくせます。また、ミスしても自分ですぐ気づいて修正できるようになります。
     
  • メールでの質問が期間中何度でもOK(1日1質問まで)
    →疑問を確実に解決できるので安心です。24時間、時間を気にせず質問できます。
     
  • 合格するためのノウハウを持ったベテラン講師陣によるわかりやすい授業
    ①設計の引き出しが増えます。
    ②エスキスや作図を早くするためのコツがわかります。
    ③確実に理解できるのでつまづきにくいです。
     
  • 自分のペースで勉強できる
    →通信講座なのでマイペースに勉強できます。
     
  • 講義動画を繰り返し試聴できる
    →わからないときや難しいときは、講義動画を止めたり巻き戻したりすることができます。
     
キャンペーン価格 108,900円(税込)(通常価格 121,000円)
二級製図講座ならココ一択
2024年4月30日までキャンペーン価格!

デメリット

強いてデメリットを挙げるとすれば、通信講座なので強制力がないことです。

最低限の自己管理ができない人はサボってしまう可能性があります。

しかし学科試験に合格した皆さんなら、最低限の自己管理能力は既に身についているので、この点を心配する必要はないです。

まとめ

ハウジングインテリアカレッジ設計製図講座の魅力は以下の3つ

  • 15万円以下で合格できる力が身につく
  • ベテラン講師陣によるわかりやすい講義なので、速くミスせずにエスキス・作図できるようになる
  • 添削が充実・丁寧なので、設計条件違反や法令違反をしなくなる・ミスに自分で気づけるようになる

ハウジングインテリアカレッジ設計製図講座は、最低限の自己管理ができる人全員におすすめです。

キャンペーン価格 108,900円(税込)(通常価格 121,000円)
二級製図講座ならココ一択
2024年4月30日までキャンペーン価格!

ハウジングインテリアカレッジ以外の講座も比べてみたい方や、学科講座を探している方は、こちらの記事もご覧ください。

参考:【二級建築士】好コスパおすすめ通信講座・予備校(2024)を比較(ランキングで紹介)

コメント

タイトルとURLをコピーしました